カテゴリ:2006年2月沖縄・ブセナテラス( 8 )

旅行最終日(沖縄旅行記⑨)

e0005609_9305762.jpg
沖縄三日目 最後に那覇に寄った話など。

一度行ってみたいと思っていた那覇のDFSは、新しくてきれいで大きくて「ここは外国?」
と錯覚してしまいそうな雰囲気でした。
とても広いので、買い物をする予定がある時は時間をある程度とったほうがいいと思います。
買った物は空港で受け取るシステムなので、こちらも時間に注意。
それにしてもなぜ沖縄にだけ免税店があるの?日本人なのに国内で免税で買い物ができるのはなぜ?わかるようなわからないような…。

那覇では、国際通りの久高民藝店とその近くの牧志公設市場に必ず寄って帰ります。
市場には見たこともないような魚や豚の顔の皮(!)などが売っていておもしろいのですが、
市場のまわりにあるお菓子屋さんや、ミニスーパーにもいいお土産になる物が売っているので
必見ですよ。
私はいつも伝統的な沖縄のお菓子と、果物や野菜を買って帰ります。
今回は「たんかん」という柑橘類と、青いパパイヤを抱えて帰りました。

DFS→国際通り→空港の移動には2003年に開通したモノレールを初めて使いましたが、
このモノレールが思った以上に便利でした。
次に沖縄に来たときは、モノレールを活用して那覇で遊ぶのもいいな。

だらだらと書き続けてしまいましたが、2月の沖縄旅行記はこれで一応おしまいにします。
まだお土産の話がいくつかあるのですが、それはまたそのうちアップしますね。
長い間お付き合いしてくださってありがとうございました。
[PR]
by neko_cafe | 2006-02-27 09:40 | 2006年2月沖縄・ブセナテラス

最終日の朝ご飯(沖縄旅行記⑧)

e0005609_1849548.jpgルームサービスで朝ご飯
普通のアメリカンブレックファーストですが、
海を眺めながらお部屋で食べられるなんて、それだけでもう幸せと思ってしまいます。

写真には写っていませんが、テーブルにはコーヒーとパンの盛りあわせものっています。
パンはデニッシュやテーブルロールやトーストなど、朝から盛りだくさん。
紫芋のデニッシュが特においしかったです。
普段は朝からこんなに食べられないよねーと言いつつ、ばくばく食べてしまいました。

この後はチェックアウトの時間までホテルでゆっくり過ごして、那覇へ出てDFS(デューティーフリー)と国際通りと牧志で買い物をして、遅い便で東京に帰りました。
[PR]
by neko_cafe | 2006-02-26 18:59 | 2006年2月沖縄・ブセナテラス

泡盛バーで夕食(沖縄旅行記⑦)

e0005609_23585575.jpg
2日目の夕食は、ホテルの敷地内にある泡盛バーの「抱瓶」へ
食後の一杯を楽しみに行く人が多いようですが、お料理がおいしいので(すぐ隣の中華料理店で調理しています)、ダイニングバーとして何度か利用しています。
オリオンビールもカクテルもあるけど、泡盛の知識が豊富なバーテンさんにあれこれ相談して、好みの泡盛を見つけるのも楽しいひとときです。

e0005609_0111012.jpg島らっきょう
(写真がぼけぼけですね…)
浅漬けの島らっきょうの上にかつおぶしがたっぷり。
漬物にする普通のらっきょうとは違って、細い茎の部分も食べられます。
私は普通のらっきょうは苦手なのですが、沖縄の島らっきょうは癖がなくて食べやすいと思います。

お料理の写真がぼけぼけで非常に見にくいです…(涙)
[PR]
by neko_cafe | 2006-02-22 00:53 | 2006年2月沖縄・ブセナテラス

美ら海水族館へ(沖縄旅行記⑥)

二日目に美ら海水族館へ行きました。
その昔「沖縄海洋博」が行われた場所に素敵な水族館が建っています。
e0005609_233418100.jpg

じんべいざめ3匹も泳ぐ大水槽。すごーい迫力です。
e0005609_23344451.jpg

大水槽の魚たちへの餌やりの時間は必見です。
大きい魚も小さい魚も餌を求めて狂喜乱舞♪
「餌やりを見るといいよ」タクシーの運転手さんに教えてもらったのですが、見に行ってよかった。
目の前でクリスチャン・ラッセンの絵画の世界が見られました。
e0005609_23363713.jpg

e0005609_23383598.jpg

e0005609_23355650.jpg

[PR]
by neko_cafe | 2006-02-19 23:41 | 2006年2月沖縄・ブセナテラス

龍譚で鉄板焼き(沖縄旅行記⑤)

一日目の夕食は、ホテル内にある鉄板焼の「龍譚」で。
人気のお店なので、東京から数日前に予約を入れておきました。
沖縄にしかいないという「あぐー豚」を食べるのをとても楽しみにしていたのです。

オリオンの生ビールを飲みながらメニューを熟読。
工場が近いおかげで名護で飲むオリオンビールはとてもおいしいと言われているそうですが、
そう言われればそんな気がします(笑)
注文したのは「龍香」というコース。もちろんメインは「あぐー豚」です。

e0005609_732227.jpgまずは先付けに「もずく酢」が出ました。(画像無し)
次に前菜の三点盛 
左から 豆腐よう 
青ダイのマリネ 
あぐー豚のテリーヌ
青鯛ってあの真っ青な魚ですよね?と、店員さんに思わず確認してしまいました。よく見かける熱帯の魚をついに食べちゃったわ。




e0005609_1904479.jpg旬の魚介焼き 海葡萄添え
魚の切り身2切れ(縞あらと赤いお魚←名前失念)と車海老
地元で獲れた食材ばかりだそうです。大粒の海ぶどうが生のまま添えてありました。ぷちぷちしてておいしい。
さっぱり系の白ワインをグラスで♪






e0005609_1973434.jpg麩チャンプルー
目の前の鉄板で手際よくチャンプルーを作ってくれました。
おいしいんだけど、ボリュームがあるから、全部食べたらメインが食べられなくなりそう。
少しだけつまんで、あぐー豚が焼けるのを待ちました。

そしてお待ちかねのメインディッシュです
[PR]
by neko_cafe | 2006-02-19 07:44 | 2006年2月沖縄・ブセナテラス

室内プールでまったり(沖縄旅行記④)

e0005609_172091.jpg雨がぱらぱら降っています。
外のプールが使えるのは4月からだったかな?
沖縄はいつでも泳げると思っている人もいるようですが、(旦那も昔はそう思っていたらしい)冬は寒くて無理です。

左の建物が室内プール。
中には25メートルの温水プールがあります。

では、プールの中へ
[PR]
by neko_cafe | 2006-02-17 01:37 | 2006年2月沖縄・ブセナテラス

ブセナのお部屋(沖縄旅行記③)

e0005609_1045535.jpg
お部屋へご案内。
高い階には泊まったことがなかったので「なるべく高層階で」とリクエストしたら9階の部屋でした。
さすがにいい眺めです♪










e0005609_10321399.jpge0005609_10304567.jpg










バスルームから海が見えます♪  昼間じゃないと意味ないけど(笑)


e0005609_10391474.jpge0005609_1047264.jpg










これがないと困るお茶セット。ホテルの部屋にティーポットが常備されているのって珍しい。
紅茶と日本茶と月桃茶(沖縄ハーブ)のティーバッグと、インスタントコーヒー、ミルクパウダー、砂糖が置いてありました。電気ポットってお湯があっという間に沸いていいですよね。


e0005609_10525796.jpge0005609_10532250.jpg









バスルームには、バリの陶器と沖縄ガラス。
アメニティーの入浴剤やローションが変わってしまったのが残念でした。
でも室内着やガウンは以前より質が良くなっていました。
ワッフル生地の室内着はとても着心地がよかったです。買って帰ればよかったかな。

ブセナに来るたびにいろいろなタイプの部屋に泊まっています。
(さすがにコテージには泊まったことはありません。いつか泊まってみたい気もするけど…。)
今回の部屋は海が見える部屋の中では一番下の価格帯。
豪華さはありませんが、シーズンオフの短期滞在には充分な広さと設備でした。

さ、少し休んだら室内プールとスパでのんびりしましょう。
[PR]
by neko_cafe | 2006-02-16 11:03 | 2006年2月沖縄・ブセナテラス

ザ・ブセナテラス(沖縄旅行記②)

e0005609_1005888.jpg
今回の宿は名護市にある ザ・ブセナテラス
ブセナテラスに泊まるのは4回目ですが、この前来たのは3年前なので結構久しぶりですね。

今回は珍しく2日目に観光に行きましたが、レンタカーを借りない私達(ペーパードライバーの夫と免許を持っていない妻)は、ブセナに来た時はチェックアウトまでほとんど外に出ずにホテルの敷地内で過ごします。
それでも全然飽きないし、またすぐにでも来たいと思えるのは、ホテルから見える景色の美しさと、スタッフの細やかな心遣いに毎回満足して帰るから。
今回の滞在でもそれは全く変わらず、ますますブセナファンになって帰ってきました。

チェックインをしましょう
[PR]
by neko_cafe | 2006-02-16 10:21 | 2006年2月沖縄・ブセナテラス